4年生が卒業論文発表会を終えました

February 20, 2020

敷田研究室の発表者7人全員が無事に発表をのりきりました!!

 

今回の発表は医療系の研究発表者はおらず、サーバ系の研究が3人、グループウェア系の研究が4人という構成でした。

 

サーバ系の発表者達は、全員がコンテナ関係の研究に取り組みました。

コンテナ技術の勉強、環境構築、途中で起きた思わぬ障害などに何度も頭を抱えていました😅

思うように結果が出せないことも多々ありました。

そのたびに先生に何度も相談し、自分で詳しく調査したり、実験環境を変えてみたりと、、、

(進捗報告で私にはさっぱり理解不能な話をしていることも...)

プレゼンの準備では、コンテナ技術に関する理解度をさらに深め、自分の研究内容が相手にも分かりやすく伝わるように表現を工夫していました。

 

一方、グループウェア系の発表者たちは、新規に研究を立ち上げた人が何人かいました✨

初対面同士の遠隔会議やグループ学習の遠隔指導支援、商業イベントの効率化といった内容の研究です。

そのため、自分の研究の方向性や手法、過去の研究調査など、やることいっぱい、悩み事いっぱいな人が多かったように思います。

研究の方向性はこれで良いのか、実験は、提案システムはこれで適切か、自分の研究の魅力をより正確に分かってもらうにはどのようにプレゼンすれば良いかなど、全員が発表前日まで細かな修正を行なっていました。

 

 

発表当日は、前日の不安や緊張からすっきり、

1人残らず堂々と発表を終えました!!😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、巷で大注目のセッションで発表した2人は聴衆の目や副査の先生の質問ものりきり、本当によくやった👏👏

他の5人も、先生からの厳しい質問に対して自分なりに回答できていたと思う! well done!👍

発表後に話を聞いてみると、上手くいかなかったな、こう言えばよかったかなと、改善点もたくさんありましたが、全員が発表を終えた達成感と喜びを語っていました。

(なんとなく顔がみんな輝いていたよ🌟)

中でも大学院へ進む3人にとっては、今後の研究をしていく上で、大きな経験となったように思えました☺️

 

 

ところで、またもや今回の卒論発表会でもスタッフは3年生がやってくれましたね。

就活の最中に院進予定者が中心となって頑張ってくれました!!!!

しかも今回の発表は受付が寒いし、会場が例年と異なるしでバタバタとしましたが、大きなトラブルもなく、発表会を進行してくれました。ほんと、ありがとう🙌

 

卒論本体の提出がまだですが、ひとまず、発表者のみなさん、協力してくれたスタッフの3年生のみなさん、本当にお疲れ様でした!!🎉🎉🍾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

October 14, 2020

October 1, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー
Please reload

© 2020  Shikidalab