© 2019  Shikidalab

December 13, 2019

December 13, 2019

Please reload

最新記事

研究室配属に関して

February 17, 2018

2年生の皆さん研究室訪問お疲れ様です.春休みぐらい休ませて欲しいですよね(˘・з・˘)ブーー

 

それはさておき ちょっと遅くなりましたが,敷田研究室への配属に関して簡単ではありますがQ&Aを作成しましたので配属の参考にして頂ければと思います.

Q.研究室訪問ってどの時間帯が都合が良いですか?

 

A.平日は3限〜5限の間のどこかの時間帯で対応しています.「どこかの時間帯」については研究室のドアに提示してあるのでその時間帯に来てくださればと思います.また5限以降については学生がいれば対応したいと思います.土日に関しても研究室メンバーがいれば対応致します.卒論と就活に奮闘中の先輩はピリピリしていて怖いように感じるかもしれませんが,思い切って入ってきてください.大丈夫です.

Q.巷で研究室説明会が始まる前よりも早く研究室を訪れた生徒は確定でとるという噂を聞いたのですが本当でしょうか?

 

A.そんなことないです.

確かに熱意という観点から考えると早くから研究室を訪れていた生徒の方が有利ではありますが、それだけです.最終的に多種多様な観点から生徒を見てバランス良く取ります.

Q.配属に関してコツとかありますか?

 

A.今年は非常に多くの学生さんが当研究室を訪れてくれています.こちらとしては非常にありがたいことですが,2年生の皆さんからすると競争率が高いように感じるかと思います.また,先生から「見える」学生の数も非常に多いです.「あの子誰だったけ?」なんてならないように積極的に印象を残すことが大事かと思います.そのため2回目の面談に挑むもよし,研究室に何度も訪れ先輩に覚えてもらうのも一つの手だと思います.

 

またうちの先生は優しく自分の時間を削ってまで数多くの学生に公平にチャンスを与えようと面談時間を空けてくれています.そのため,その分皆さんもその頑張りに応えてあげてくれると個人的には嬉しいです.

Q.先輩に何を聞けばいいか分からないです

 

A.なんでも良いです.研究室の雰囲気や先輩から見た先生はどんな風に映っているのか.先生がいないからこそ聞ける話もあるかと思います.

 

ただ,よくブラックなのか?課題は出るのか?部活は続けられるのか?的な質問をよく耳にします.これについて興味本位で聞くこと自体については全く構わないのですが,はき違えて欲しくないので一つ注意を.「やりたくないことをどれくらいやらされないで済むのか?」と聞いているように聞こえる時がたまにあります.確かに研究室に入れないより入れた方がましという学内の風潮?はありますが,研究室に入ったからと言って自分の時間が作れない等といったことは決してないと思います.そのため研究室の所為にするのは良くないと思っています.ダメになる人はどこにいってもダメになる.要はその人の気持ち次第だと思います.

最後に〜

2年生の皆さんにとって研究室を選ぶということは,これから2年間活動するための居場所を自ら選ぶことと同義です.色んな先生と話し,色んな研究室の雰囲気を掴む.そして自分(は何がしたいのか)と向き合うことも大事です.

そのため研究室配属は自分を見つめ直す良い機会になるかと思います.どうか悔いのないよう少しでもいいので真剣に考えてみてください.

 

偉そうで最後の方なんか「こいつは何勝手なこと言ってんだよ〜」とか思うかもしれませんが,

研究室配属に限らず,間違っても「友達が行くから私も行こうかなー」なんて安易な考えで道を選ぶような人にはならないで欲しいと個人的には思っています.自分で考え,取捨選択し充実した研究室配属期間にしてください.

 

では配属大変だとは思うけど頑張ってくださいね٩( 'ω' )و

皆さんと4月に会えることメンバー 一同楽しみにしております.

Please reload

Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー