top of page

11/7,8_コンテナ講習会

今週は開校記念日の火曜日と、水曜日の午後にコンテナ講習会を行いました。


コンテナとは、サーバー内を整理してアプリケーションやWebの開発・管理を効率的に行えるようにする技術です。近年のWebサービスの普及により、急なリソース増強/削減などの要望の高まりによって注目を集めています。


そこで、コンテナを管理するツール、Kubernetesで最前線に立ち、数多の企業で講習会を開いている、初代敷田研究室メンバーの一人でもある坂下幸徳氏に高知工科大学まで来ていただき、コンテナ・Kubernetesをはじめとしたインフラワークショップを開いていただきました。


具体的には、

Day1でデータセンターを支えるインフラ技術についての座学を行った後、Kubernetesを実施に体験し基本的な操作の学習、

Day2でCloud Native時代の開発や運用の仕方について紹介を受けた後、コンテナイメージの作成からCI/CD、GitOpsを体験させていただきました。


個人的に印象に残った事として、CI/CDは開発中に何度も行うことを自動化するだけでなく、開発者がサーバーにログインする必要がないためセキュリティが堅牢になることが、便利で安全性のある技術だと感動しました!



コンテナ講習会が終わった後は、坂下さんと敷田研究室のメンバーで市内まで飲みに行きました。


技術的な話や就職活動の話だけでなく、敷田研究室の昔話や坂下さんが出版している本の話、海外で経験したおもしろい話など話題は尽きず、とても有意義で貴重な時間を過ごすことができました。


この度は高知までご足労いただき本当にありがとうございました!

B3_吉川

Comments


最新記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page