第41回医療情報学連合大会(髙田発表)

こんにちは、小松です。

11月18日から21日の4日間、名古屋国際会議場で行われた"第41回医療情報学連合大会"に参加してきました。

敷田研究室からはM1の高田知裕さん、聴診教育支援を目指した感圧センサーデータの特徴量分析というタイトルで教育・研修のセッションで発表しました。


私も髙田さんも現地開催の学会に参加するのは初めてでした。

様々なセッションで講演を聞き、ランチョンセミナーでお弁当を頂くなど、貴重な経験ができました。


~髙田さんコメント~

今回が初めての現地参加でした。いろんな研究を知ることができ楽しかったです。また学会に参加しているという実感もとても湧きました。発表は他の方を見ていてとてもすらすら話していたので、うまくできるか緊張しましたが、無事に終えることができてひとまず安心です。質疑応答でも的確な意見をもらうことができ、研究に対するモチベーションが上がりました。またこの場に戻ってこれるよう精進したいです。


最新記事
アーカイブ
カテゴリー