第116回グループウェアとネットワークサービス研究会

お久しぶりです!修士1年の髙田です!

報告が遅れましたが3月14日のホワイトデーに同研究室修士1年の小松が第116回グループウェアとネットワークサービス研究会での発表を終えました。タイトルは「プレゼンテーション練習において対話ロボットの存在感が与える影響の検討」です。


今回はハイブリッドでの開催で現地に行くことも可能だったのですが、開催地が東京で移動を自粛しました。

春休み期間を使って頑張って発表準備を進めていました!発表準備もしっかり行い、緊張している様子にも関わらず本番は堂々とした発表をしていました!


小松は「初めての学会発表と同じ研究会で同じ開催地だったので、現地で発表して2年越しのリベンジを果たそうと思っていたのですが、オンラインで発表という結果になってしまいました…いつか現地で発表したいな」と残念そうなコメントを残していました。

次はリベンジ果たそうね!お疲れ様!




最新記事
アーカイブ
カテゴリー